「住み慣れた思い出溢れるご自宅から送ってあげましょう」をコンセプトに、時代に合った安心安全な葬儀形式「ご自宅で家族葬・ステイホーム葬」を推奨するお葬式屋さんです。
アシロ企画
不定休・24時間対応

もしもの時は

もしもの時は

1.葬儀社へ連絡  ⇒ アシロ企画へ連絡、24時間受付・お迎え手配

2.ご遺体安置  ⇒ ご自宅への安置

3.菩提寺様へ連絡 ⇒ 深夜の場合は翌朝、菩提寺様による枕経

4.日程など打合せ ⇒ ご遺族様・菩提寺様と日程の打合せ

5.ご訃報の連絡  ⇒ 親族・友人・ご近所・会社などへ訃報の連絡

 

葬儀の事前準備

後悔しない葬儀を行う為には、普段から葬儀の方法、規模について具体的に話し合い、どのような葬儀を行いたいかのイメージを持つことが重要です。

葬儀の事前準備のメリットは、次のようにたくさんあります。

  • 早めに相談して不安を解消することで、いざという時に落ち着いて行動できる。
  • 故人や遺族の思いを反映した、希望に合った葬儀を行うことができる。
  • 葬儀費用をある程度知ることで、金銭のトラブルを避けることができる。

 

ご遺体の安置する場所

弊社は自宅葬(ステイホーム葬)と青山斎場式場でのご葬儀となりますので、ご遺体は思い出溢れるご自宅に連れて帰って頂き、ご家族と最後の時間を過ごして頂きます。

※聖籠町の場合は提携先の花安新発田斎場での安置が可能です。

 

連絡者のリスト・座席表を作る

会葬者の人数が多いと規模も大きくなり、斎場も大きい場所が必要となります。

会葬者の人数は、葬儀を知らせる範囲を絞り込むことで調整できます。

弊社では、新潟市(青山斎場式場で30名程度の小規模葬)、聖籠町(花安新発田斎場で収容人数最大500名までの大ホール完備)でご葬儀を執り行うことが出来ます。

世間体を気にして、経済的に無理をしてまで規模を大きくする必要はありませんし、親戚などに遠慮して、必要以上に規模を小さくすることはありませんでしたが、コロナ禍になりご家族の健康と命を守る為に、小規模のご家族だけでの葬儀が当たり前になっており、家族葬(一日葬)通夜は執り行わず、葬儀後のお斎はぜず、ご自宅でご家族だけでの精進落としが多くなっております。

コロナ禍が終息して、安心してお斎が出来るようになりましたら、席順を決めておくと、いざという時に落ち着いて対応できます。

 

葬儀を行う場所を考える

近年、家族葬(一日葬)が増えてきましたが、コロナ禍により自宅葬(ステイホーム葬)が増えはじめています。80年代は50%が自宅葬でしたが、時代の流れでホール葬儀が主流になっておりました。

現在は、コロナ禍により自宅葬が注目を浴び始め、安心安全なご家族だけの葬儀が増えております。場所を決める際は、葬儀の形式や規模、予算によって選ぶ基準が違ってきます。

 

写真の準備

本人希望のものや、ご家族の大好きな写真を用意しておきましょう。いざという時、良い写真はなかなか見つけられないものです。あらかじめ候補を何枚か探しておかれると良いでしょう。

後々まで残るものですので、その方らしいお写真をお探し下さい。故人様の生前のイメージが最もでているものであればどんな写真でも大丈夫です。

 

〇死亡診断書と火葬手続き(手続きの代行致します)
〇喪主の挨拶(例文を差し上げます)